FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土佐のふらふ

今日の高知県は晴れのち曇り
なんだか小雨でも降ってきそうな雲行きでした

もうすぐゴールデン・ウィーク
世の中こぞってどこかへ出かけるようですね

そこは、定時のお休みのない百姓家業
残念ですが、この期間中お休みは一日もありません

この時期、土佐の空を悠然と泳いでいるのが
“こいのぼり”と“ふらふ”
六歳までの男の子のいる家の、屋根より高くはためいています



20070427211041.jpg

ふらふの語源は“フラッグ”〔旗〕からきたものと言われています


20070427211126.jpg

大きいものは7m×4mもあり、初夏の風にばたばたとひるがえっている様は勇壮です

20070427211201.jpg

絵柄はさまざまです。
以前は勇ましい武者絵などが多かったのですが、このあたりでは昔話の主人公金太郎さんなんかが泳いでいますね

20070427211250.jpg

ちょこっと近所を回って写してきたのですが、金太郎さんばかりですね~
また機会があれば、違う絵柄も写してきます

このところ天候も変わりがちで、ふらふを揚げられているお家は空模様が気になるところでしょうね
雨が来そうになれば、下ろし、風が強すぎれば、下ろし
本当、大変です

私の住んでいるところは、県と東部だから横長のふらふ
西に行くと、これが縦に長い旗になります

地域のあちらこちらに揚がっているふらふは、五月いっぱい楽しめます


この記事に対するコメント

所かわればですね

こちらは縦長です。
“のぼりばた”又は“のぼり”と云います。
絵柄はほとんど武者絵ですね。
でも最近は鯉のぼりだけ・・・それもあまり大きい物は見かけなくなりました。
住宅事情の関係でしょう。

【2007/04/28 00:48】URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]

へぇ~~~~すごい!
6歳まで、という限定なんですね、ふらふは。
実家の父が高知出身ですが、
GWに遊びに行ったことはないので知りませんでした。
こういう、地域の特色って本当にいいもんですね^^

【2007/04/28 10:28】URL | プチセレたーちゃん #ufXyq6ak[ 編集]

ほぉ~~~~~初めて知りました。
「ふらふ」を揚げるのは昔からある慣わしなんですか?
空が賑わって華やかでいいですね^^

こちらでは「こいのぼり」すらも殆ど見かけなくなりました。
昔は残雪を下に見ながら悠然と泳いでたものですが
今は揚げる家も少なくなり寂しい感じがします。
こういう風習、大事にしてほしいですね^^

【2007/04/28 14:48】URL | KAO #-[ 編集]

Bakoさん
あ、そうですね
のぼりですね
高知県でも西の方に行くとのぼりが多いです
須崎市以西はほとんどのぼりですね

プチセレさん
そうなんですよ
子どもが小学校にあがるともう揚げることはできません
元気に育て!という気持ちが感じられますね
GWに高知にいらっしゃれば見ることができるかも・・
たくさん見られるところとあまりないところと
地域によって差があります
ウチの近所ではよく揚がっています

KAOさん
私もくわしくは知らないのですが
ふらふは江戸時代からの風習のようですよ
こちらでも随分少なくなりました
子どもさんが少ないってこともあるんでしょうね~

【2007/04/29 20:58】URL | ふたばこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tomoko3.blog40.fc2.com/tb.php/169-3aed788b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。